食いしん坊新米ママ奮闘記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NHKの”わくわくゴロリの・・・”という番組は何回かモモタロと見たことがあって、
車が好きなモモタロの興味をひくものがあったりしたのですが、
本屋さんでなんとな?く本を見ていたらこの本に出会ってしまいました。

ブルドーザーや消防車など、はたらく車大好きなモモタロのこころをすっかりつかんでしまったようで
「この本が欲しい?!!買ってぇ!!」
なんて言ってます・・・。
あんまりそういうことは言わない子なのに、よっぽど欲しいのかなぁと思い、
ついつい買ってあげてしまいました。
ほんとは自分のお料理の本を買おうと思っていたのになぁ?・・・

だいたいのものがペットボトルとビニールテープとストローでつくれるようです。
家には赤・黒・白のビニールテープしかなかったのだけど、
もっと色々欲しくなってしまいました。
あいにくペットボトルがあまりなくてつくれるものが限られてしまったけれど、
しばらくはこの本で楽しめそうです。
わくわくゴロリのペットボトルでエコ工作 (NHKシリーズ NHKつくってあそぼ工作絵本)わくわくゴロリのペットボトルでエコ工作 (NHKシリーズ NHKつくってあそぼ工作絵本)
(2009/07)
ヒダ オサム石崎 友紀

商品詳細を見る
スポンサーサイト
私が子供の頃、とっても好きだった本に
「エルマー」シリーズがあります。
何歳向けなのか覚えていないけれど、モモタロにも読ませてあげたいなぁ?と思って
買ってみました。

はじめは、
「この絵本、絵がないよ?」
「絵がないから、絵本じゃないよ?」
なんて言っていて、やっぱりまだ早いかな?と思っていたのですが
ベッドサイドに置いておいたらちょっと気になったらしく、
「この本、読もうよ?」
と言い出したので、読んであげました。

お話の内容はそれほど難しくないので、
長いことと絵がないことをのぞけば、もう十分楽しめるかも。
シリーズの残りの2冊も読んであげたいな?

エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)
(1963/07)
ルース・スタイルス・ガネット

商品詳細を見る
エルマーとりゅう (世界傑作童話シリーズ)エルマーとりゅう (世界傑作童話シリーズ)
(1964/08)
ルース・スタイルス・ガネット

商品詳細を見る
以前何かの雑誌に載っていた”子供はもちろん大人にも!おすすめの心温まる絵本”
というページがあって、切り抜いてずっとしまいこんでいたのだけど、
そろそろモモタロも読めるかなぁと思って、その本を探して読んでみました。

片山令子さんの絵本は”のうさぎのおはなしえほん”というシリーズになっているようで、
どちらもとってもいい絵本でした。
それほど教訓めいているわけではないけれど、ちょっと考えさせられる本でした。
絵も可愛いので、モモタロもとても気に入って毎日「読んで!!」と言ってきます。
のうさぎのおはなしえほん〈1〉いえ (のうさぎのおはなしえほん (1))のうさぎのおはなしえほん〈1〉いえ (のうさぎのおはなしえほん (1))
(2002/12)
片山 令子

商品詳細を見る
のうさぎのおはなしえほん〈2〉ともだち (のうさぎのおはなしえほん (2))のうさぎのおはなしえほん〈2〉ともだち (のうさぎのおはなしえほん (2))
(2002/12)
片山 令子

商品詳細を見る


インパクトのある絵が見開きにド?ンとあって、文章はひとことふたこと。
それが受けるみたいで、モモタロは面白がって見ていました。
絵もとっても味があります。
こちらの本は、”おすすめ”されなければ私は手にとることはないだろうなぁという類だけれど、
親が絵本を選んでいる以上かなりな偏りがあるハズだから、
たまにはそういう本も手にとってみないといけないなぁと思いました。

まがればまがりみち (こどものとも傑作集)まがればまがりみち (こどものとも傑作集)
(1999/09)
井上 洋介

商品詳細を見る
ちへいせんのみえるところちへいせんのみえるところ
(1998/10)
長 新太

商品詳細を見る



もうすぐ3歳半になるモモタロに私が子供の頃、大好きだった本を与えてみました。
今まで”車系”の本にしか興味を持ってくれなかったけれど、今はどうかな?と思って

それが大当たり!!
嬉しいことに、これも成長なのかな?
以前読んでみた時はまったく興味を示さず、「もう読まな?い」なんていわれてしまったのに
ものすごいハマってくれたみたいです。

おさるのジョージはとっても可愛いし、大人が読んでいても楽しいから嬉しいな。
でも、だんだん絵本といえども長くなってきて、何冊も・・・になると結構疲れたりして
これも嬉しい悲鳴なのかな。

おさるのジョージどうぶつえんへいくおさるのジョージどうぶつえんへいく
(1999/10)
M.レイH.A.レイ

商品詳細を見る
ひとまねこざるびょういんへいく (岩波の子どもの本)ひとまねこざるびょういんへいく (岩波の子どもの本)
(1998/03)
マーガレット・レイ

商品詳細を見る


モモタロの3歳のバースデープレゼントに、
私からは何にしようかな?と悩んだ末に絵本にすることにしました。

”としょかんライオン”と”ビロードのうさぎ”の2冊です。
たまたま、本屋さんをぶらぶらしていたら、
「この年の一冊!!」みたいなかんじでこの2冊が紹介されていて、
絵も素敵だったので買ってしまいました。

ライオンが図書館に???と思ったのだけど、心優しいライオンさんのお話は
モモタロの心をすっかりとらえたようで、毎日寝る前には必ずこの本を読んでいます。
絵も素敵で、モモタロが興味をもたなくなっても大事にしたいなぁ?と思える本です。
としょかんライオン (海外秀作絵本 17)としょかんライオン (海外秀作絵本 17)
(2007/04/20)
ミシェル・ヌードセン

商品詳細を見る


もう一冊は酒井駒子さんの絵による”ビロードのうさぎ”。
絵が大人っぽいタッチなせいか、モモタロにプレゼントした当初はまったく興味をもってくれず、
「読もうよ?」と言っても「違うのがいい」なんていわれてしまっていたのだけど、
何がきっかけだったのか読んでみる気になって、一度読んでからは毎日のお供になりました。
洗いすぎて原型をとどめていないピグレットのぬいぐるみを肌身離さずもつモモタロと
この本に出てくる男の子が私の中ではどうしても重なってしまい、
読みながら涙ぐんでしまうこともしばしばでした。
モモタロはどう思いながら聞いているのかな?と思うのだけど、
モモタロは特にこの”うさぎ”と自分のピグレットを重ね合わせたりはしていないのかもしれません。
この本もずっと大事に本棚においておきたい一冊になりました。
ビロードのうさぎビロードのうさぎ
(2007/04)
マージェリィ・W. ビアンコ

商品詳細を見る

pecolino

Author:pecolino
息子とのラブラブ生活をきままに綴っていま?す。
食いしん坊なのでママのグルメ旅に息子をつきあわせてます・・・。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。